keyboard_arrow_right
歴史文化, 鹿沼学舎

木喰仏見学会レポート

木喰仏見学会レポート

8月7日(日)、栃窪の薬師堂に祀られている木喰仏(もくじきぶつ)の見学会を開催しました。
午前9時、薬師堂に集まったのは、会員と一般参加者15人。
お堂を管理する地元世話人の方々のご好意で、全員がお堂の中に上がることができました。

木喰仏とは、18世紀末に全国を遊行しながら千体以上もの仏像を彫り続けた木喰行道(もくじきぎょうどう)上人が彫った仏像のことです。上人は、56歳安永2年(1773)の時に日本一周千体仏成就の廻国修行を開始し、文化元年(1810)に93歳で亡くなるまで、全国を旅し、各地に仏像を残しました。

木喰上人は、栃窪に安永9年9月から翌10年2月まで5ヶ月間滞在し、弟子の白道上人と一緒に、栃窪の人々に世話になりながら、多くの彫刻を作りました。

薬師堂に祀られているのは、薬師如来坐像と脇持仏の日光・月光菩薩立像、そして十二神将像の15体です。木喰上人の初期の代表作といわれ、後の「微笑仏」といわれるような表情はまだあまり見られませんが、商人ならではの曲線を生かした素朴な味わいが良く出ています。
これらの像は、栃木県有形文化財に指定されています。

この日の見学会では、歴史文化部会の福田純一が資料をもとに、解説をしました。

参加した方々は、普段は見ることのできない貴重な木喰仏をじっくりと鑑賞し、満足できたと思います。なお、この日は年3回行われる開帳の日でした。次回の開帳は来年の1月8日(日)の午前9時です。

鹿沼学舎

粟野地区の彼岸花鑑賞と賀蘇山神社獅子舞見学

中粟野小金沢の群生地で彼岸花を観賞し、賀蘇山神社秋の例祭と獅子舞を見学数バスツアーです。

とき 9月23日(祝日) 午前9時鹿沼市役所集合

持参品 歩きやすい服装・靴、雨具

 ※昼食は主催者側で用意します。

参加費 大人2,700円(非会員は3,000円)、子ども1,000円

募集人員 25人

申し込み 9月16日までに下記へお申し込みください。

  ※参加希望者全員の氏名・住所・年齢・電話番号をご連絡ください。

 ℡080-6575-5628 福田

メール junpapa@one.bc9.jp

地産探究

鹿沼の住処として、魅力感じるまち歩き

これまで開催してきたまち歩きでは主に、明治末期から現代にかけて生きる、比較的新しい時代の建物や町の魅力を発見してきました。しかし、鹿沼に人間が住み始めるのは古代にまで遡ることができます。ここ鹿沼に人間が住みだしたということは、そこに住処としての何らかの利点(魅力)があったということでしょう。では、その「住処としての利点(魅力)」は、現代の鹿沼には失われてしまったのでしょうか。いいえ、数百年経った今日でも、その魅力を感じることができるはずです。今回のまち歩きでは、古い絵図や地図を参考にしながら、古代人も感じていた、鹿沼の住処としての魅力を感じてみたいと思います。

 集合  9月18日(日) 13時30分 鹿沼市役所駐車場 集合 (約2時間)

(約2時間、鹿沼市旧市街を歩いて散策します。身軽で歩きやすい服装でどうぞ)

参加費 無料

定員 20名程度(申し込み先着順)

申込 ファックス 0289-74-6328 (松井/鹿沼学舎代表)

    電話 090-7848-1587 (渡辺/地産探究部会長)

    メール kanumatusin@gmail.com (渡辺)