keyboard_arrow_right
事務局, 自然部会, 鹿沼学舎

黒川観察路清掃

黒川観察路清掃

 鹿沼の自然の宝庫である黒川観察路のクリーン活動を,昨年同様,鹿沼自然
観察会と一緒に実施します。寒い日になることが予想されますが,多くの方の
参加を期待します。

【日 時】  1月20日(日)午前9時~11時
【集合場所】 黒川橋の東岸
【持参品】  特にありません、軍手・ビニール袋は準備します

自然部会, 鹿沼学舎

本物の七草粥を食べよう会

本物の七草粥を食べよう会

【集合日時】  2013年1月13日(日) 午前8時
【集合場所】 黒川橋(鹿沼市日光奈良部町)の東岸
【趣旨・内容】 鹿沼自然観察会の恒例行事「日本古来の風習,春の七草がゆを食す」に参加し,春の七草の見分け方を学び,七草とその習わしを味わいたいと思います。家族や友達とご参加ください。
【申し込み】  豊田敏盟(0289-62-4528)
【傷害保険】  今回は傷害保険に加入しません。
【参加料】   若干料(当日判断)

事務局, 鹿沼学舎

初日の出を見る会

初日の出を見る会

元旦恒例行事「初日の出を見る会」を、今年も開催します。
今回も寒さの中に身を置いて、その瞬間を待ちましょう。新年の幕開けに相応しい景観に触れ、家族や友人と感動を共有してみませんか。
日の出は6時53分頃です。暖かい服装でお出かけください。
【日  時】  2013年 1月1日(祝)午前 6時30分集合(雨天中止)
【集合場所】  鹿沼市花木センター産業展示館前広場
        (昨年から花木センター駐車場に入れるようになりました。)
【注 意 等】  ①傷害保険の加入はしません。参加者は路面凍結、暗部での安全確保など十分に気を付けてください。
②参加者の記念写真を撮ります。写真購入希望者は、当日、200円(写真代、送料等)をご用意ください
※事前の参加予約等は必要ありません。
問い合わせ  福田 080-6575-562

歴史文化, 鹿沼学舎

千葉省三作品のふるさとを訪ねる レポート

千葉省三作品のふるさとを訪ねる レポート

11月18日(日)、鹿沼ゆかりの児童文学作家 千葉省三の作品のふるさとを訪ねるツアーを企画しました。

明治25年(1892)に河内郡篠井(現在の宇都宮市篠井)に生まれた千葉省三は、小学校の校長先生だった父親の転勤に伴い、7歳の時に南押原村楡木宿(現在の鹿沼市楡木町)に移り住んできました。そして、22歳で上京するまでの15年間を楡木で過ごしました。後に「郷土童話」と呼ばれる土の香りのする作品を数多く発表しますが、楡木を中心とした鹿沼の各所がその作品の舞台となっています。

参加者は、午前9時に楡木小学校に集合しました。この日の参加者は、鹿沼学舎会員のほか、楡木小の校長先生、教頭先生など学校の先生や、一般参加者など15人。作品の舞台を案内してくださったのは、長年にわたり、千葉省三作品を楡木小の子供たちに紹介する活動を続けてきた、楡木小KLV(カリブ=図書館ボランティア)の皆さんです。ちなみに楡木小は、省三の母校で、宇都宮中学校を卒業した省三が、上京するまで代用教員を務めた場所でもあります。

一行は車に分乗して楡木小を出発、最初に向かったのは、元の役場があった場所に立つ「千葉省三記念館」です。ここには、遺族から寄贈された省三の遺品や原稿、著作などが展示されています。

次に、「仁兵衛学校」のモデルとなった南押原高等小学校の跡地へ行きました。先生と子供たちの温かい心のふれあいを描いた作品です。現在は記念碑だけが建っています。

続いて、仁兵衛学校の場所から移転新築した南押原高等小学校の地である、現在の南押原中学校へ行きました。現在の鉄筋校舎の壁面に、往時の高等小学校校舎の絵が、陶板で取り付けられています。ここを舞台に「けんか」「井戸」といった作品が生み出されました。

続いて楡木に戻り、黒川に架かる楡木橋の西岸から日光方面を臨みます。現在は田んぼになっているこのあたりに、かつて「権太郎渕」と呼ばれた沼がありました。名作「虎ちゃんの日記」に出てくる「大沼」のモデルといわれています。

橋を渡り、「乗合馬車」のモデルとなった南上野町を通り、藤江町の鹿沼カントリークラブ内へ行きました。ここは「高原の春」の舞台となった場所と思われます。

林の中に、キラキラと光る泉がありました。ここが「高原の春」に描かれた「チョロチョロ金水」なのでしょうか?

今度は一気に上殿まで戻り、「つけひげ」の舞台となっている三日月神社へ行きました。
月読命を祀った神社で、かつては大きな縁日が催され、近在からの人出でにぎわっていました。その縁日に集う子供たちの姿を描いた作品が「つけひげ」です。

最後に訪れたのは、塩山町の「ダイシャクボウ」です。ここは名作「鷹の巣とり」の舞台となったところで、姥母石など弘法大師にまつわる伝説もある信仰の山です。

最後に楡木小へ帰ってきて解散、約3時間の行程で、省三作品の舞台を訪ね歩きました。今年は千葉省三の生誕120年の記念の年でもあり、さまざまな記念事業が企画されています。今回の事業もその一つですが、12月16日(日)には、鹿沼市民文化センターで「生誕120年のつどい」が開催されます。興味のある方はぜひおいでください。

歴史文化, 鹿沼学舎

千葉省三作品のふるさとを訪ねる

鹿沼出身の児童文学者千葉省三は、楡木を中心に郷土を舞台にした作品を多数発表しています。今年は省三の生誕120年の記念の年に当たり、記念事業実行委員会が組織され、様々な記念事業が行われます。鹿沼学舎も、これに協賛し、作品のふるさとを歩くツアーを企画します。

と き 11月18日(日)午前9時~正午

ところ 楡木小学校集合

内 容 千葉省三作品に登場する楡木周辺の場所を歩きます。
※見学予定地:楡木小、上野原、南押原尋常高等小跡地、ダイシャクボウ、三日月神社 など
※楡木小に車を置いて、以後は乗り合わせで移動します。

※事前に千葉省三作品をお読みいただいてからおいでください。
 図書館で作品集「けんか」などが借りられます。

問い合わせ 歴史文化部会 福田純一 ℡080-6575-5628

歴史文化, 鹿沼学舎

鹿沼宿ウオーキング(内町南コース)のご案内

「鹿沼学舎」では、市街地を歩きながら、史跡を訪ね歩き、旧鹿沼宿について学ぶ「鹿沼宿を歩こう~歴史ウオーキング」を企画しました。どなたでも参加できる事業ですので、ぜひご参加ください。
 今回は、内町通り(大通り)の南半分を歩きます。

と き 11月3日(土)午後1時~4時

場 所 まちの駅「新・鹿沼宿」集合
  ※見学予定史跡 鈴木石橋旧居、薬王寺、雲龍寺、神明神社、白山神社、鳥居跡、願満稲荷、三峰神社 ほか
※途中1、2箇所で休憩します
※小雨決行です

参加費 1人100円(保険料)
※計4kmほど歩きますので、歩きやすい靴と服装でおいでください。

申込・問い合わせ 10月30日(火)までに下記、またはまちの駅「新・鹿沼宿」へ、氏名・住所・電話番号・年齢を添えて申し組みください。
福田純一 ℡080-6575-5628
メールアドレス junpapa@one.bc9.jp

※  鹿沼学舎は、鹿沼の自然・歴史・文化・産業など、地元資源について学び、街づくりに生かすための「地元学」を実践する市民団体です。新規会員も逐次募集中ですので、お気軽にお申し込みください。
※ 内町通り北半分は、来年2月開催予定です。田町通りコースも計画中です。

地産探究, 鹿沼学舎

旧粟野中学校校舎見学会レポート

旧粟野中学校校舎見学会レポート

9月23日(日)午後、旧粟野中学校木造校舎の見学会に参加しました。

あいにくの雨の中、現地に集まったのは21人。市役所から借りた鍵で中に入ります。

.jpg”>

昭和24年(1949)に建てられた2階建ての木造校舎は、平成15年3月まで使用されていました。
首都圏に残された数少ない木造校舎ということで、記念は映画やドラマ等のロケにも使用されることが多くなっています。

地産探求部会長の渡辺貴明さんの案内で、校舎内を見てまわりました。

ここは2階の美術室。建築当時の様式が一番良く残されている場所です。そのため、ロケにもよく使用される部屋です。窓の下には、風通しが良くなるようにローバー式の仕掛けも施されています。

建築に使用された木材は、粟野町の町有林から切り出されました。
図書室のある部分は、昭和40年代に増築されました。

東側に隣接された特別教室棟も、昭和24年に建設された当時のままです。

<a

畳敷きの家庭科室など、時代を感じさせるつくりになっています。

詳しくは渡辺さんのレポートもお読みください。

http://kanuma123.exblog.jp/16878490/

この校舎を有効に活用できる策について、いろいろと意見を集められればと考えています。参加された方、お疲れ様でした。また、鹿沼市役所のご協力に感謝申し上げます。

歴史文化, 鹿沼学舎

小松神社獅子舞見学会

鹿沼市久野の小松神社例大祭で上演される「小松神社天下一関白流獅子舞」を見学します。

「久野N獅子舞」とも呼ばれるこの獅子舞は、一人立ち三匹で平庭、笹かがり、弓くぐりの演目が

神社の境内で演じられます。中でも道化役の所作が見所です。

と き 10月21日(日)午前10時~正午

ところ 鹿沼市久野 小松神社

※現地には駐車場がありませんので、見学希望者は午前9時30分までに

図書館粟野館に集合してください。そこから車を乗り合わせで現地に向かいます。

問い合わせ 鹿沼学舎事務局 福田 ℡080-6575-5628

地産探究, 鹿沼学舎

旧粟野中学校木造校舎見学と彼岸花を見る

入粟野の山裾に、今は廃校舎となった旧粟野中学校の木造校舎があります。終戦後まもない昭和24年竣工。 今日では存例少ない純木造2階建の校舎は、地元大工と地場産木材によるもので、現代の建物にはない温かみが今でも感じられます。

日時 2012.9.23 (日) 集合 午後1.00 鹿沼市役所駐車場 もしくは 午後1.30に現地集合

参加費 無料

定員 30名程度

申込は、渡辺までメールまたは電話でお申し込みください。締め切りは9月16日です

kanumatusin@gmail.com

電話 090-7848-1587
大人には懐かしく、若者には新鮮に感じられる空間であること間違いなしです。 普段未公開ですため、この機会にぜひご覧ください。
見学後は、花期を迎えている、粟野地区の彼岸花群生地を 見学するコースもご用意しています。

自然部会, 鹿沼学舎

黒川での魚釣り教室

「黒川での魚釣り教室」の開催案内

1 開催日時  平成24年8月19日(日)9:00~12:30(雨天は中止)
2 開催場所  ホームセンター・ビバホーム(鹿沼市睦町)東の黒川の浅瀬
3 日程内容
① 9時00分  鹿沼市情報センター駐車場に集合
② 9時00分  受付・あいさつ・諸注意
③ 9時15分  ビバホーム東の黒川河川に移動,釣り場と安全策の確認,釣り方の学習
④ 9時30分~11時30分 魚釣り体験学習
     【活動概要】割り箸の置き針,ギーコン釣り,手網での小魚捕りなど
     【事前準備】割り箸2本・バケツを各自用意,ギーコン釣りの細竹や糸・釣り針・サシ・ミミズは主催者準備,川虫・ピンチョロ(現地で採取)
⑤ 12時頃に解散
4 募集人数  園児・小学3年以下は保護者同伴,小学4年以上は単独参加でもよい,鹿沼学舎会員 計20名程度
5 安全対策等 ① 浅瀬で活動するよう,その場所を確実に指示・徹底する。誘導・安全確保は鹿沼学舎会員(5名)・参加保護者が行う。
② 怪我予防のため,滑りづらい靴を履いて川に入る。日よけ帽子(風で飛ばされないもの)を着用。
③ 飲み水・タオル・虫除けや虫さされの対策薬など各自持参
        ④ 傷害保険に全員加入
        ⑤ 釣った魚は解散時に川に戻す。ゴミは持ち帰る。
6 傷害保険・参加費等 傷害保険1人100円(参加者全員),釣り道具類・えさ・消耗品などの費用1家族300円(会員無料)
7 応募方法 参加希望者は8月15日(水)までに,参加者全員の氏名・年齢・電話番号・住所を自然部会長豊田宛(電話・FAX0289-62-4528又はメールtoyoda-t@bc9.ne.jp; )お知らせください(緊急連絡・傷害保険加入のために必要です)。
8 その他  ① 当日の活動について,黒川漁業協同組合の許可を受けています。
       ② 悪天候・増水・低温などで中止の場合は,当日の午前8時までに,電話で連絡します。