keyboard_arrow_right
自然部会, 鹿沼学舎

「戦場ヶ原で夏鳥のさえずりを聞きながらズミの花を見る」レポート

「戦場ヶ原で夏鳥のさえずりを聞きながらズミの花を見る」レポート

今回は鹿沼の自然探索フィールドを離れ、鹿沼自然観察会のご案内で、自然の宝庫である奥日光の戦場ヶ原と小田代原に足を運びました。
 今年の関東の梅雨入りは、いつもより早い5月29日。そして、ズミの花の見頃は、例年なら6月中・下旬です。でも、6月2日の奥日光は天候に恵まれ、また、鹿沼自然観察会の予測通り、多くの夏鳥が囀り、ズミは赤い蕾や白い花弁で身を包んでいました。参加者のどなたもが感嘆の声をあげ、その素晴らしさを満喫しました。
1 開催期日 平成25年6月2日(日)
2 参加者数 12名
3 日程・活動内容・学びの概要等
  9時に日光戦場ヶ原三本松駐車場に集合。赤沼駐車場で事前説明を受ける。
  9時30分~13時30分
   ① 赤沼から湯川に沿って遊歩道と木道を歩む。所々で、壮大な戦場ヶ原や雄大な男体山を眺める。草原に点在するワタスゲや咲き始めのズミの彩りに感嘆。水量少なめの泉門池に至って、そこで休憩
   (主な学び)ノビタキ、アオジ、コサメビタキ、ホオアカ等の姿を双眼鏡で捉え、囀りに耳を傾ける。
       遊歩道脇の太めの立木の高見に、クマが木の実などを食べる際に座ったクマ棚を見つける。柔らかめの樹木に鳥の巣穴を発見(アカゲラの巣か?)。また、本年4月6・7日の低気圧通過・暴風雨のため、カラマツ等の巨木が数本が倒れていた(湿地では根が深く張れないためか?)。

 

壮大な戦場ヶ原


          咲き始めのズミ

   ② 休憩の後、光德入口方向に進んだ木道で男体山の火山の説明を受ける。その後、視界360度の戦場ヶ原のパノラマと日本百名山の1つの男体山の勇姿を楽しみながら昼食・談笑。
   (主な学び)成層火山らしい円錐形(標高2,486m)の男体山。最後の噴火は約14,000年前とされていたが、噴出物の調査から約7,000年前の噴火であると確認され、活火山に分類される。中禅寺湖、戦場ヶ原、小田代原は、この約7,000年前の噴火により湯川が堰き止められてできたもの。(成層火山とは、ほぼ同じ火口からの複数回の噴火により、溶岩や火山砕屑物などが積み重なり形成された円錐状の火山のこと)

戦場ヶ原の先の右手が男体山

         可憐なワチガイソウ

   ③ 昼食後、泉門池経由で林道を通り、鹿の進入予防柵の回転ゲートを抜けて小田代原に向う。小田代原ではシラカンバの「貴婦人」を遠くに眺め、併せてホザキシモツケヤ、ノアザミの今夏の群生を期する。その後、ハイブリッドバスに乗り、赤沼に戻る。以上、約4時間の行程でしたが、誰もが幸福感を味わったのではないでしょうか。
 (主な学び)エゾハルゼミの大合唱を聞く。道すがら、動物の体毛が混じるフンを見つける(キツネか?)。サンショウクイ(囀りの特徴を教えていただく)、カッコウ、ウグイス、シジュウカラ、コノハズク等の野鳥の囀りに耳を傾ける。林道の所々に可憐なワチガイソウ(ナデシコ科の多年草、5枚の花びらに濃い紫色の雄しべ)を見つけ、写真に収める。(以上、文責豊田)

小田代原の「貴婦人」

           参加者の集合写真

地産探究, 鹿沼学舎

北小学校校舎見学会 レポート

北小学校校舎見学会 レポート


6月16日(日)、鹿沼市内で唯一の現役木造校舎である鹿沼市立北小学校校舎の見学会を開催しました。

この日は日曜日にもかかわらず、校舎内を開放してくださったのは、江連校長先生をはじめとした北小学校関係者や、鹿沼市教育委員会のご厚意によるもので、学舎を代表して感謝を申し上げたいと思います。

午前10時、西側玄関前に集合した参加者は、市内外から集まった40人。当初20人を定員として想定していましたが、直前に「下野新聞」に取り上げられたこともあり、予想以上の方々からの申し込みがありました。そのため、40人を超える申し込みの方には、参加をお断りせざるを得なかったことをお詫び申し上げます。

この日の案内役をつとめたのは、鹿沼学舎地産探究部会長の渡辺貴明氏。建築の仕事をしながら鹿沼市内の歴史的建造物の調査や記録に取り組んでいるスペシャリストです。

渡邊氏の案内で、まず校舎の外回りを見学しました。
正面玄関は、かつては平らな屋根のポーチ上の構造をしていましたが、
平成の改修の際に、現在のような切妻型に直されました。これは、雨森対策だそうです。
また、屋根も瓦葺からスレート葺に改められています。
このほか、窓枠がアルミサッシになるなどの変更がありましたが、
基本的な構造は、昭和10年の創建当時のまま保存されています。

腰壁がこのように高く作られているのも特徴です。
これにより、雨水などでの劣化を防いでいます。

公邸北側には「御所の森」という日光山にまつわる史跡もあります。ここでの説明は、
鹿沼学舎事務局長の福田純一が行いました。
それから西側玄関に戻り、校舎内部に入りました。
ここは西側の階段です。階段は杉の一枚板を使用し、非常にゆったりした作りになっています。

一見、金属のように見えるこの丸柱も木製です。

教室内部も、昔と変わっていません。変わったのは、だるまストーブ用の煙突の穴が無くなったことと、窓枠がサッシになったことくらいでしょうか。

教室の廊下側の窓の上部には、このような可動式の風抜き窓が工夫されています。

廊下の床板は張り替えられていますが、壁や天井は昔のままです。

2階の廊下から北校舎を望む

さて、北小校舎の最大の見どころは、正面玄関奥のこの階段ホールでしょう。
柱を使わない広々とした空間に、一枚板の階段が踊り場から左右に続いています。

ここで記念撮影もしました。

2時間近くにわたって、校舎の内外を見学しました。参加された方々からは、「懐かしかった」「素晴らしい校舎をいつまでも残してほしい」などの感想が。
休日にもかかわらず、見学会にご協力くださった北小学校の先生方には、改めて感謝申し上げます。
鹿沼学舎としても、この素晴らしい校舎を鹿沼の地域資源として、どのように保存・活用していくか、考えていきたいと思います。

自然部会, 鹿沼学舎

新緑の古峰ヶ原高原散策 レポート

新緑の古峰ヶ原高原散策
~関東ふれあいの道に沿って~レポート
  
 5月26日(日)好天の下、古峰ヶ原に新緑を訪ねる観察会が、鹿沼学舎と北小北光クラブの合同で開催されました。8時30分市役所、9時30分古峰神社の駐車場と段階的に集合し、小学生から70歳代まで、学舎から14名、北光クラブから7名の自然愛好者が集まりました。沿道は新緑たけなわ、木々の白い花に、高い所まで這い上ったフジの紫色が目立つ初夏の風景です。
 
 会費集金、資料配布など参加者全員の手続きが終わると、車数台に分乗して再出発。駐車スペースに限りがあるので、深山巴の宿の入口に到着すると、車は少し引き返して関東ふれあいの道入口駐車場へ置いてきます。運転者が1、2台の車にまとまって戻ってくるまでの間、運転手以外は木陰でのんびり歓談、その間にも木の名前を尋ねたり、珍しいものを探したりの熱心な観察者も。

 豊田顧問のあいさつの後、いよいよ散策に出発します。
 深山巴の宿(栃木県指定重要文化財史跡)は、今から約1,300年前、今の真岡方面出身の勝道上人(735-817)が、修行の後、古峰ヶ原に感じるところあり、草庵を結んで修行を積んだ所で、その後二荒山を開山するに至る、いわば日光開山の起源となった所。その後の江戸時代、3代家光の時に徳川家康を神として祀るようになり、今や世界遺産となった日光2社1寺ですが、その歴史をたどれば、始めに古峰ヶ原・深山巴の宿の存在があったという豊田氏の解説です。

 深山巴の宿は、カラマツ、ウラジロモミ、ヒノキ、ミズメ、ミズナラの古木の立ち並ぶ社叢で、水の流れが巴形に蛇行する湿地の中に、苔むした岩場や、祠や、上人が洞に籠って修行したという巨木の切り株が点在しています。

 その後、関東ふれあいの道を古峰ヶ原峠に向かいながら、深山巴の宿に流れ込む小さな沢沿いの小湿地や、古峰ヶ原湿原沿いの旧車道を、植物や野鳥を観察しながら進みました。湿地の中には大きなヤチダモがドデンと立っています。バイケイソウも多い。エゾハルゼミが鳴き、ホトトギスの声や、センダイムシクイ、アオジのさえずりが聞こえ、ズミやミヤマザクラ、メギ、トウゴクミツバツツジ、キバナウツギなどの花も咲いていました。見事な花盛りを見つける度、歩みを止めて撮影会となります。足元にもフデリンドウが。道のへりの目立たない草むらの小さな花にも、カメラが向けられます。

 背後に三枚石のそびえる、気持ち良く開けた古峰ヶ原湿原のへりを歩き、小屋の前で記念撮影の後、古峰ヶ原峠のあずまやに到着して昼食の店開きとなりました。傍らのミズナラの枝にはヤドリギが寄生していました。

 昼休みの後、かすかな雷鳴が聞こえ、雲行きを案じながらの下り道に出発。引き続き関東ふれあいの道に沿って、登山道や、所々旧車道を通って下って行きます。途中、キハダの古木や、樹皮がヒノキのように大きく剥げるサンカクヅルの古木を観察。足尾沢を渡りながら、渓谷沿いの植物も。横根山岩海に多いトウゴクヒメシャラもあります。

 道の途中に、巨大な花崗岩の塊がありました。へつり地蔵、深山巴の宿と関係の深い史跡です。フサザクラ、オヒョウなど特徴ある形の樹木の葉を観察できました。

 関東ふれあいの道入口駐車場に到着。深山巴の宿に置いてきた車を取りに行き、全員揃ったところで古峰神社大駐車場に向かいます。広々した空間でトイレ休憩して、反省会をして、ここで解散となりました。雨が本格的に降り出すこともなく、無事行程を終えました。

報告 自然部会長 阿部良司