keyboard_arrow_right
事務局, 鹿沼学舎

初日の出を見る会のご案内

初日の出を見る会

元旦恒例行事「初日の出を見る会」を、今年も開催します。
新年の幕開けに相応しい景観に触れ、家族や友人と感動を共有してみませんか。日の出
は6時53分頃です。暖かい服装でお出かけください。

【日 時】 2016年1月1日(祝)午前 6時30分集合(雨天中止)
【集合場所】 鹿沼市花木センター産業展示館前広場
【注 意 等】
① 損害保険の加入はしません。参加者は路面凍結、暗部での安全確保など十分に気を付
けてください。
② 参加者の記念写真を撮ります。写真購入希望者は、当日、200円(写真代、送料等)をご用意ください
※事前の参加予約等は必要ありません。
問い合わせ  福田 080-6575-5628

事務局, 鹿沼学舎

鹿沼を10倍楽しむ戦略会議レポート

鹿沼を10倍楽しむ戦略会議レポート

12月13日(日)午後3時から、鹿沼市民情報センターで鹿沼学舎設立10周年記念事業「鹿沼を10倍楽しむ戦略会議~地元学シンポジウム」を開催しました。

このシンポジウムは、地元学推進組織として10年間活動してきた鹿沼学舎の今後の活動に向け、志を同じくする地元学関連組織の代表者を招いて意見交換するために企画しました。

この日は鹿沼学舎会員など約30人が来場、佐藤信鹿沼市長も来賓としておいでになり、ご挨拶をいただきました。

続いてシンポジウムに入りました。
パネリストは、コーディネーター兼任の鹿沼学舎代表 松井正一、
ダンナビジョンの風間教司さん、カヌマ大学の藤田義昭さん、カヌマガジンの大門由樹さん、鹿沼ヒーロー計画の今井智道さんの5人です。

まずは各団体の活動紹介です。
最初に鹿沼学舎、パワーポイントを使って説明します。

続いてネコヤドの活躍で今や全国的著名人となった風間さんがダンナビジョンについて説明しました。

content/uploads/2015/12/IMG_1887-2.jpg”>

3番目はカヌマ大学、ノンジャンルで様々なテーマについて楽しく学んでいる様子を、藤田さんが説明しました。

<a href="http://www.kanumagakusha.sakura.ne.jp/wp-

続いて今春、鹿沼の情報誌「KANUMAGAZINE」を編集発行した文星芸大3年在学中の大門由樹さん。若者らしい自由な視点で鹿沼の魅力発掘について語ってくれました。

トリに登場したのは、鹿沼ヒーロー計画の今井さん。ご存じカヌマのローカルヒーロー「カヌマン」の仕掛け人です。カヌマンの誕生秘話と、そのきっかけについて楽しく紹介していただきました。

その後はテーマ別のディスカッションに移りました。

テーマは
・鹿沼の現状と課題について
・それぞれが考える地元学
・鹿沼を10倍楽しむためのアイデアと戦略
です。

ユニークな活動を展開している団体の代表者ばかりなので、意見も独創的かつ大胆なものがたくさん出てきました。ここで全てを紹介することはとても無理です。そこで、シンポジウムの内容は後日記録集にまとめて発表する予定ですので、少々お待ちください。

出演いただいたパネリストの皆さん、会場においでくださった皆さん、ありがとうございました。この日に出されたご意見をもとに、もっとカヌマを面白くするために、頑張りたいと思います。

事務局, 鹿沼学舎

鹿沼を10倍楽しむ戦略会議~まちづくりシンポジウムのご案内~

鹿沼を10倍楽しむ戦略会議
~地元学シンポジウム~

地元学の視点でまちづくり・まちおこしを行っている団体が、パネルディスカッションを通じてそれぞれの団体の活動報告と意見交換等を行い、今後の鹿沼のまちづくりについて考えるシンポジウムです。どうぞご参加ください。

1 主 催  鹿沼学舎
2 日 時  2015年12月13日(日)午後3時~5時
3 場 所  鹿沼市民情報センターマルチメディアホール
4 パネリスト 
○鹿沼学舎(コーディネーター)
DANNAVISION 
○カヌマ大学
○KANUMAGAZINE
○鹿沼ヒーロー計画
5 パネルディスカッションの内容
①団体の活動紹介
②鹿沼の現状と課題についての考え方
③それぞれが考える地元学
④鹿沼を10倍楽しむためのアイデアと戦略(具体的に)
6 入場無料

問い合わせは鹿沼学舎事務局 福田まで 080-6575-5628

歴史文化, 鹿沼学舎

東照宮400年式年大祭記念講演会レポート

東照宮400年式年大祭記念講演会レポート

9月13日(日)午後1時30分から、鹿沼市民文化センター大会議室で、東照宮400年式年大祭記念講演会を開催しました。

講師にお招きしたのは、栃木県歴史文化研究会などで活躍される竹末広美先生です。竹末先生は「鹿沼市史」の専門委員も務められ、近年では「下野の狂歌」など、栃木県の文化史研究で大きな功績をあげていらっしゃいます。この日の演題は「鹿沼宿と諸通行ー日光例幣使を中心にー」でした。


竹末先生は、「鹿沼宿と諸通行」として鹿沼宿の成り立ちや特徴、そして家康の日光への改葬、将軍の日光社参、日光例幣使について説明しました。特に日光例幣使については、例幣使の格式が参議である公卿で小禄の者が多いこと、大名の行列と重なった時は大名の方が本陣を譲ること、入魂(じっこん)と呼ばれる(袖の下)の教養があったことなど、興味深い歴史的事実を教えてくれました。

例幣使を通じて鹿沼宿と京都文化が触れ合っていたことなど、今につながる興味深い事実に感心しました。そして、島崎藤村の「夜明け前」に、例幣使の様子が描かれているとは知りませんでした。

終了後は質問もたくさん出ました。たいへん収穫の多い講演会でした。

歴史文化, 鹿沼学舎

東照宮400年式年大祭記念講演会のご案内

東照宮400年式年大祭記念講演会のご案内

東照宮400年式年大祭記念講演会

演題:「鹿沼宿と諸通行―日光例幣使街道を中心にー」

 

今年は東照宮400年式祭の年でもあり、あらためて鹿沼宿と東照宮、例幣使街道との関わりについて考えてみたいと思い、

講演会を開催します。

講師は現在日光明峰高校の教諭で、「鹿沼市史」の編さん委員も務められた竹末広美先生です。奮ってご参加下さい。

 

日 時  2015年9月13日(日)13:30開演(13:00会場)

会 場  鹿沼市民文化センター 大会議室

講 師  竹末 広美先生(日光明峰高校教諭)

申し込み先  申し込みは下記まで、電話、FAX、はがき、メールなどでお申

込み下さい。(お申し込みの際、ご住所と連絡先をお書き下さい。)

川津 聡

FAX0289-65-5003

携帯090-3231-5616

メール:kawazu3104@dream.jp

<竹末広美先生略歴>

1953年栃木県に生まれる。学習院大学卒業。「藤原町史」「いまいち市史」「鹿沼市史」の各編さん委員を務める。

栃木県歴史文化研究会会員。第1回ふるさととちぎ歴史文化研究奨励賞受賞。

著書に「下野じまん」「しもつけ狂歌の歌びと」「下野の俳諧―風雅のひとここにあり」(いずれも随想舎刊)

歴史文化, 鹿沼学舎

夏休み史跡見学会レポート

夏休み史跡見学会レポート

7月26日(日)、鹿沼市立図書館夏休み親子事業として「夏休み史跡めぐり」を開催しました。

午前9時図書館に集合した参加者は15人の親子。

 

 

 

 

 

 

 

視聴覚室であいさつ・説明を受けた後、早速歩いて今日の目的地の千手山へ向かいます。

今回の案内は、鹿沼学舎事務局長の福田純一が務めます。

ところで、千手山公園の入り口にあるこの石碑、なんて書いてあるかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

「紫雲山(しうんざん)千手くはんをん道(かんのん道)」です

昔は上材木町の宝蔵寺の近くに立っていました。

石段を上がると、仁王門が見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仁王門は享保17年(1732・今から283年前)に作られました。

表側には仁王像が祭られています。

天井には傷んでいますが竜の絵が描かれています。

裏側には天部の像があります。

 

 

 

 

 

 

 

仁王門をくぐると次は本堂(千手観音堂)です。

 

 

 

 

 

 

 

本堂は江戸時代の初めのころに作られたもので、本尊に千手観音像を祭っているとところから、

「千手さん」という愛称で呼ばれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は扉が閉まっている観音堂ですが、この日は特別に中に入れました。

本尊の千手観音座像は、鎌倉時代の作で、市の文化財に指定されています。

たくさんの手があるのは、多くの人々を救うためと言われています。

昔は33年に1回しか見ることができませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

本尊の周りには、鮮やかな色彩の十二神将像も。

再び本堂の外へ出て、今度は軒下の「二十四孝」の彫刻を見学します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根の蟇股(かえるまた)のところに彩色彫刻があります。

これが各面6枚×4面で24枚=二十四孝になります。

昔の中国の二十四の親孝行の話についての画を彫刻にしたものです。

 

 

 

 

 

 

その中から「孟宗」の話を紹介します。

孟宗は病気の母親が「タケノコが食べたい」というので

雪の中、竹やぶへ行ってタケノコを探しますが、真冬なので

タケノコがあるはずはありません。

それでも孟宗が懸命に雪を掘っていると、

雪の中からタケノコがニョキニョキ生えてきました。

孟宗の母親を思う気持ちが天に届いてのでしょう。

「孟宗竹」という竹の名前はこの話をもとにつけられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、本堂や仁王門の周りの石碑や石仏を見学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に記念撮影、この後図書館に戻り、資料調べをしておしまいです。

とても暑い日でしたが、熱中症にもならず最後まで参加してくださった皆さん、お疲れさまでした!

 

歴史文化, 鹿沼学舎

夏休み史跡めぐり「千手山と二十四孝」

鹿沼市立図書館とのコラボ事業

夏休み親子教室「夏休み史跡めぐり」

~千手山と二十四孝~

千手山(お千手山)は、桜やつつじの名所として、おとぎ電車や観覧車のあるミニ遊園地として、そして映画のロケ地として、私たちの憩いの場になっています。また、千手山には千手観音堂をはじめとした多くの文化財があります。

さて、千手山の中心にある千手観音堂に、「二十四孝」の彫刻があるのをご存知でしょうか?「二十四孝」とは、昔の中国の24人の親孝行の人物のことです。今回は、千手山に行って千手山の歴史や文化財と「二十四孝」について学びます。

 

と  き  2015年7月26日(日)午前9時~午後1時

集合場所  図書館本館

内  容  親子で千手山に行って、ふるさと鹿沼の歴史・文化財について調べよう

募集人数  小学生の親子20組(先着順)

  100円(保険等)

  筆記用具・飲み物・タオル・帽子など

歩きやすい服装でご参加ください。

申込み先  平成27年7月3日(金)9時30分~受付開始

鹿沼市立図書館(本館)へ直接またはお電話でお申し込みください。

図書館本館 (64)9523

 

自然部会, 鹿沼学舎

粟野コミセン昆虫資料室見学会

鹿沼市粟野コミュニティセンターには、鹿沼自然観察会の尾田冶徳先生が鹿沼市に寄贈したコレクションを中心に、昆虫等の標本が収蔵されています。近年は毎年夏に「自然は友だち展」として公開もされています。鹿沼の貴重な自然資料を見学してみませんか?

と き  平成27年6月20日(土)午後2時~

ところ  粟野コミュニティセンター集合(鹿沼市口粟野1780)

内 容  昆虫資料室の標本見学

講 師  尾田冶徳先生、渡邊知義先生

申込み  予約の必要はありません。直接会場へお越しください。

参加費  無料

 

問い合わせ  福田純一 ℡ 0289-63-1214

携帯 080-6575-5628

自然部会, 鹿沼学舎

日光・滝尾古道と黒岩尾根ハイキング(北光クラブとの共催)

日光・滝尾古道と黒岩尾根ハイキング(北光クラブと共催)

サクラの季節が終わって新緑の季節となった日光の史跡探勝路を歩いてみましょう。行者堂から大猷院に下れば、全行程約3.2km、所要時間は約2時間。注目すべき史跡の多いコースです。

今回はまず輪王寺へ。宝物殿を見学し、三仏堂に参詣します。続いて本宮神社、四本竜寺を訪ね、教旻僧都の墓、1689(元禄2)年、「おくのほそ道」の旅の途上の松尾芭蕉が訪れた養源院跡を見て開山堂へ。ここには観音堂(香車堂)、陰陽石、仏岩、さらに勝道上人の墓もあります。

ここから古い石畳の道を約20分歩くと、日光三社の一つ、弘法大師の創立と伝えられる朱塗りの滝尾神社に辿りつきます。東照宮が創設されるまでは庶民の信仰を集め、山内で最も賑わう神社でした。

来た道を少し戻り、二荒山神社へ向かって道を右にとり石段を登りつめると、修験道の開祖役(えんの)行者(ぎょうじゃ)(役(えんの)小角(おづぬ))をまつる行者堂に出ます。ここで2手に分かれます。

Ⓐ時間のない方、体力に自信のない方→二荒山神社方面に下りて空烟地蔵、大猷院を見ながら小杉放菴美術館Ⓟに戻り解散とします。

Ⓑ時間のある方、体力にちょっと自信のある方→植物観察をしながら黒岩尾根を進み、殺生禁断碑を見ながら稚児ガ墓へ。ここでお昼を食べて行者堂に戻ります。空烟地蔵、大猷院を見て小杉放菴美術館Ⓟで解散します。

日 時:5月10日(日)AM7:00鹿沼北小学校西門またはAM8:00小杉放菴記念日光美術館Ⓟ集合

行 程:鹿沼北小学校西門―小杉放菴美術館Ⓟ……輪王寺宝物殿……三仏堂……本宮神社……四本竜寺

……教旻僧都の墓……養源院跡……開山堂(仏岩・勝道上人の墓)……北野神社……手掛石

……神馬の碑……飯盛杉……大小便禁制の碑……白糸の滝……運試しの鳥居……滝尾神社

(縁結びの笹、酒の泉、子種石)……行者堂(ここでⒶⒷに分かれる)

Ⓐ体力に自信のない方

行者堂……空烟地蔵……大猷院……小杉放菴美術館Ⓟ

Ⓑ体力に自信のある方(女峰山黒岩尾根コース)

行者堂(標高740m)……殺生禁断碑……稚児ガ墓(標高1,125m、昼食)……行者堂

……空烟地蔵……大猷院……小杉放菴美術館Ⓟ――鹿沼北小学校西門

服 装:防寒具、帽子、手袋、軽登山靴または運動靴

持ち物:リュックサック、水筒(ポット)、弁当、おやつ、雨具、お手ふき、ハンカチ、ちり紙、

筆記用具、レジ袋、レジャーシート

必要に応じて:双眼鏡、ルーペ、カメラ、懐中電灯、ストック、参考書(栃木の山150、

栃木県の歴史散歩、とちぎの社寺散歩、とちぎの天台の寺めぐり、下野のおくのほそ道、

日光路の芭蕉)、1/25,000地形図は「日光北部」

参加費:ガソリン代(相乗りされる方は各自運転者に1,000円をお支払い下さい。)

保険料100円(参加者数が規定人員に達しない場合、別の保険を検討します。)

輪王寺宝物殿入館料 おとな300円、子ども100 円

申込み・問合せ:電話090 -1884-3774(阿部)

事務局, 鹿沼学舎

鹿沼学舎定期総会のお知らせ

鹿沼学舎の本年度活動の報告と、新年度の事業計画などについて協議・決定するため、下記のとおり定期総会を開催します。

日 時 2015年4月25日(土) 午後2時~4時(1時30分受付開始)

会 場 まちなか交流プラザ2階

(鹿沼市下横町1302-5)

内 容 ・ 2014年度の事業および決算報告について

・  2015年度の事業計画および予算案について

・  役員改選について ほか

※  定期総会受付でも会員資格の更新ができますので、手続がお済みで無い方は

年会費と別紙の更新申込書を添えて受付へお申し出ください。

 

 

 

鹿沼学舎事務局

事務局長 福田純一 鹿沼市幸町2-2-6 ℡0289-63-1214

℡080-6575-5628