keyboard_arrow_right
鹿沼学舎

横根山自然観察会のお知らせ

紅葉にはまだまだ早い季節ですが、9月上旬の横根山は、すでに秋の花の季節です。
夏の花の咲き残りと秋の花とで種類は結構多い。見たことのない植物に出会うかもしれないときめきのハイキングです。

日時 9月10日(日)午前8時 鹿沼市役所駐車場
        または午前9時 横根山ハイランドロッジ集合(雨天中止)
行程 鹿沼市役所ー古峰神社ー古峰が原湿原ー深山巴の宿ー横根山ハイランドロッジⓅ
   …横根山山頂(1372.8m)…井戸湿原…五段の滝…井戸湿原…象の鼻…(車道)…横根山ハイランドロッジー市役所
服装 長袖、長ズボン、帽子、手袋(軍手など)、軽登山靴または運動靴など登山に適した服装
持ち物 リュックサック、水筒、おやつ、弁当、レジャーシート、雨具、お手拭き、筆記用具、レジ袋など
必要に応じて、双眼鏡、図鑑、ルーペ、カメラ、懐中電灯など 2万5千分の1地図は「古峰ヶ原」
費用 100円(保険料)
   ※車を市役所から相乗りされる方は、運転者に500円を支払いください。
問い合わせ・申し込み 阿部良司 ℡090-1884-3774
           メール a2b5r7j7@one.bc9.jp

鹿沼学舎

川上澄生美術館企画展「川上澄生の北米体験」を見学しよう

 鹿沼市立川上澄生美術館は、宇都宮出身の版画家川上澄生作品の美術館として1992年に開館して25年、木の街鹿沼の文化芸術のシンボルとして親しまれてきました。今回は、川上澄生の若き日の北米での放浪体験をクローズアップした企画展です。学芸員さんの解説付きでの見学会です。ぜひご参加ください。

と き 8月6日(日)午後1時30分~
ところ 川上澄生美術館(鹿沼市睦町287-14)
内 容 企画展「川上澄生の北米体験」見学
参加費 入館料(一般300円、高校生・大学生200円、小中学生100円)
  ※参加者が20人を超えた場合は団体割引になります。
申 込 8月1日(火)までに事務局へ予約ください。
  ※予約なしでも参加できます。
  事務局 福田 080-6575-5628

自然部会, 鹿沼学舎

初夏の夕日岳ハイキングのご案内

多くの登山者でにぎわう鹿沼市最高峰の夕日岳に、古峯神社からハガタテ平、地蔵岳経由で登ります。訪れる人の少ない初夏の自然を満喫しましょう。

とき 6月4日(日)
集合場所 午前6時20分市役所駐車場集合、もしくは午前7時古峯ヶ原神社駐車場集合
参加費 100円(保険料)
    車相乗りの方はガソリン代大人600円、子供300円を別途
用意するもの  弁当、飲み物、登山に適した服装・雨具など
※体力に自信のない方、足腰に不安のある方のご参加は慎重にお願いします。

申し込み 事務局 福田まで 080-6575-5628

事務局, 鹿沼学舎

鹿沼学舎定期総会のお知らせ

鹿沼学舎の活動につきましては、日ごろご指導、ご協力を賜り感謝申し上げます。
さて、鹿沼学舎の本年度活動の報告と、新年度の事業計画などについて協議・決定するため、下記のとおり定期総会を開催しますので、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

日 時 2017年4月22日(土) 午後2時~4時(1時30分受付開始)

会 場 まちなか交流プラザ2階会議室B
    (鹿沼市下横町1302-5)

内 容 ・ 2016年度の事業および決算報告について
・ 2017年度の事業計画および予算案について
・ 役員改選について ほか

※定期総会受付でも会員資格の更新ができますので、手続がお済みで無い方は年会費と別紙の更新申込書を添えて受付へお申し出ください。

鹿沼学舎事務局
事務局長 福田純一 鹿沼市幸町2-2-6 ℡0289-63-1214
                     ℡080-6575-5628
                  メールアドレス junpapa@one.bc9.jp

地産探究, 鹿沼学舎

「鹿沼のイチゴを味わおう」のご案内

「鹿沼のイチゴを味わおう」のご案内

鹿沼のイチゴを味わおう

鹿沼市は昨年、市の果実をイチゴと定め、「いちご市」宣言をしました。そこで鹿沼の旬のイチゴを味わうイベントを開催します。

日 時:2017年3月5日(日)午前10時~
場 所:出会いの森総合公園
(鹿沼市酒野谷1353-3)
参加費:1人1,500円(30分食べ放題)
定 員:20人(申し込み先着順)
申 込  3月1日(水)までに下記へお申し込みください。
080-6575-5628
福田 junpapa@one.bc9.jp

鹿沼学舎

「お雛様の歴史と魅力をたずねる」のご案内

「お雛様の歴史と魅力をたずねる」のご案内

お雛様の歴史と魅力をたずねる

1 雛公開の趣旨・内容
  日本の雛文化の起源は奈良・平安期にあり、江戸期に円熟しました。雛に幼子の健やかな成長の願いを込める、この雛文化は今日まで脈々と受け継がれています。
  豊田家では、骨董商の豊田孝一と豊田敏盟(元鹿沼学舎代表)の親子二代にわたって収集した、江戸期から昭和初期の時代雛を自宅にてご覧いただき、希望者に雛の歴史・魅力を解説します。
  特に話題性の高い雛は、公家や武家の間で雛の本流として評判の高かった「次郎左衛門雛」、公家の正装を模した「有職雛」、並びに京人形司・大木平蔵作(通称丸平雛)の胡蝶雛や内裏雛です。
2 日 時 2月26日(日)と3月4日(土)・5日(日)午前10時から午後4時
3 会 場 鹿沼市下田町1丁目877番地 豊田敏盟自宅(駐車場なし)
4 雛の種類
 ア 次郎左衛門雛、古今雛、有職雛、享保雛、芥子雛(いずれも江戸期)
 イ 京人形司・大木平蔵雛(通称丸平雛)江戸後期・明治・大正・昭和初期作
5 問い合わせ 豊田家電話 
0289-62-4528